サリチル酸を用いた維持的なニキビ治療

美容・皮膚疾患

ニキビ治療に用いるサリチル酸

あなたは「サリチル酸」って聞いて、何を思いつきますか?

画像2

私は高校で習ったときの、化学式が何となく頭に浮かびましたが、正直これが何に使われたりするものなのか?までは理解していませんでした。

大人になってから、このサリチル酸がニキビ治療に使用される重要なポジションの成分であることを初めて知りました。もし、ニキビに悩んで、何か調べたことがある方でしたら、一度は耳にしたことがあるかもしれませんがCMでも有名なニキビ用化粧品「proactiv®」なども、代表的なサリチル酸を用いた化粧品になります。化粧品であって医薬品ではないんですよ・・・。そのため、お医者さんからニキビ治療(保険診療)で処方されることはありません。市販で購入頂く必要があります。サリチル酸を化粧品に用いた商品はGoogleで検索しただけでも、かなり多くの商品がヒットしますね。

ニキビ治療におけるサリチル酸の作用

サリチル酸は一体どのような作用機序(作用メカニズム)で作用するのでしょうか?

画像3

イメージ図 サリチル酸の作用

●殺菌作用
サリチル酸にはアクネ菌などを殺菌することにより、雑菌の繁殖を抑えてニキビの発生や悪化を防ぎます。

●抗炎症作用
もともと湿布剤など消炎剤として使用されていたこともあり、ニキビの炎症を抑えます(サロンパス®も抗炎症作用を目的にサリチル酸が主成分になっていますよね。ヒヤっとするのはl-メントールによるものですが・・・)

毛穴の周り肌が赤く腫れてしまったニキビや、さらに炎症が進んで膿を持った黄色いニキビにも使用されます。

●古い角質を除去する作用(ピーリング作用)
サリチル酸により、余分な角質を除去できます。ニキビは毛穴が詰まることで起こりますが、毛穴の詰まる原因として皮脂がスムーズに排出されないことが挙げられます。サリチル酸はこれらの厚くなった角質を取り除くことで、毛穴を正常な状態に保ち、ニキビを防ぎます。

また、肌全体の古い角質が取り除かれることで、肌のターンオーバーが整い、ニキビの治りを促進したり、ニキビ跡の改善につながります。また、角質が取れることで肌が柔らかくなるだけでなく、化粧水などに含まれている有効成分も肌の奥まで浸透しやすくなります。



クリニックでのケミカルピーリング

美容皮膚科などで、ケミカルピーリングなどの治療を聞いたことがあるでしょうか?

これもほとんどはサリチル酸を顔面に塗布し、ニキビ治療を行う処置になります。しかし、保険適応外の治療となるため、全額自費での治療となってしまいます。しかも、1回に費用として、約5000円~10000円程度の金額がかかるため、クリニックへの通院の手間と維持治療としてはなかなか難しいと考えます。できれば、自宅で行えるケアが望ましいですよね。

サリチル酸の副作用(保湿が命です!)

どうでしょうか。ここまで読んできたら、

「サリチル酸ってニキビにすごく効のか!?」

と思ってきた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

いえいえ、残念ながら・・・そんないいことばかりではありません。確かに本来は医薬品の主成分ともなるようなサリチル酸です。軽度~中等度のニキビの改善にも十分な効果が期待できると言えるでしょう。しかし、副作用がもちろん存在します。

代表的な副作用としては、古い角質を除去する作用(ピーリング作用)があることから、皮膚がピリピリと感じたり、発赤、痛みを伴ったりすることがあります。そして、これらに伴い、皮膚の乾燥が多く見られます。

乾燥」これが最も多い副作用になるかと思います。

画像4

これも個人差がありますが、サリチル酸も含む製品を使用する上では、「保湿」が最も重要になってきます。従い、サリチル酸を使用する場合は、ヒルドイド®(ヒルドイドは医薬品です。医師の処方が必要です。最近は市販のヘパリン類似物質製品が販売され始めているようです・・・)やニベア®など、何でも結構ですが、必ず保湿を併せて行う必要があります。保湿剤は市場にかなりの種類があります。保湿については、詳しく解説されている方が大勢いらっしゃいますので、説明の機会はそちらにお譲りします。

繰り返しになりますが、乾燥を悪化させれば、ニキビは逆に悪化します。いくらサリチル酸治療を積極的に行ったからといっても、保湿を徹底できなかった場合には有効な治療効果は得られないと考えて下さい。サリチル酸製剤を使用していて、途中で断念(フェードアウト)してしまう方のほとんどがこの「保湿」を継続できず、副作用だけが表に出てしまっている傾向があります。

サリチル酸を含む商品はニキビに優れた効果を示すことは確かです。軽度~中等度のニキビの治療、あるいはニキビの予防のために維持的に使用する場合にも、しっかりとした効果を得るために「保湿」は必ず意識して行って下さいね。

サリチル酸の購入について(商品によって価格差がすごい!)

CMでも有名なニキビ用化粧品「proactiv®」などが代表的なサリチル酸を含有する商品であることはここまででご説明してきましたね。ただ、サリチル酸であれば、別にどんな商品でも何でもOKです(サリチル酸であることには変わらないので・・・)。

では、Googleで「サリチル酸 ニキビ 購入」で検索してみましょう!

画像5

色々と設定を変えたりしてみましたが、かなり価格差がありますね。1セット1000円以下のものから10000円程度のものまで様々です。

同じサリチル酸なのに・・・

やはりブランドなどが付くものは高額になる傾向があるようですね。「proactiv®」などもその代表格でしょうね。HPなども見てみましたが、5000~10000円程度/月は必要になってくるようです・・・

結構な額がかかってしまうようです。なかなか思春期の学生さん達には手が出しづらい値段になっていますよね。



もっと安価なサリチル酸を含有した製品はないのか?

もっと安くて、使い勝手が良いサリチル酸を含有した製品は、何かないのでしょうか?ちょっと探してみました。この記事をご覧の方も是非、ご自分でGoogleで探してみて下さい。「トライアルセット(試供セット)」として、始めだけ安価で、翌月から高額なんてのも結構ザラですね・・・

サリチル酸含有のニキビケア商品に探していて、いくつか試しましたが、1つだけ良かったかなっと個人的に思う商品があったので、紹介させて頂きますね。結局、サリチル酸液をコットンかシートか何かに染みこませて顔につけていくので、始めからサリチル酸をパッド(シート)に染みこませた状態で販売されている商品がありました。しかも・・・安い!!

COSRX(コスアールエックス) ワンステップ オリジナル クリアパッド

COSRX(コスアールエックス) ワンステップ オリジナル クリアパッド (70枚入り)®」という韓国の商品で、既にサリチル酸液がパッドに染みこませた状態でボトルに詰められているため、そのまま顔に使えて、非常に使い勝手が良かったです。また、1日2回(合計2枚/日)、朝と夜(お風呂上がり)使ったとしても、70枚入りで約1100~1700円破格の安さでした。これであれば、高校生くらいの学生さんの財布からでも購入可能そうですね。ちなみに私は3年ほど前から毎日、愛用させて頂いております(さすが美容大国の韓国・・・)。


ちなみに・・・このパッドには3種類の製品がありますが、ニキビ肌用赤色オリジナルクリアパッドになりますので、商品を選ばれる時にはご注意下さい。

Stridex (ストリデックス) アクネコントロール マキシマム

Stridex (ストリデックス) アクネコントロール マキシマム」という商品で、海外製のサリチル酸パッドになります。値段やおおむねCOSRX(コスアールエックス) ワンステップ オリジナル クリアパッドとは差はありません。StridexとCOSRXの大きなちがいは「サリチル酸の濃度」です。COSRXのサリチル酸の濃度が「1.00%」に対して、Stridexは「2.00%」となっています。従い、その分、強い作用が期待できるかもしれません。しかし、ヒリヒリとした刺激感なども気になるため、女性や皮膚が敏感な方はCOSRXの方が、肌にあるかもしれません。逆に、男性で肌が厚く、オイリー肌な方は、Stridexが向いているかもしれません。

Stridex (ストリデックス)  サリチル酸濃度:2.00%  どちらかというと男性向け

COSRX(コスアールエックス) サリチル酸濃度:1.00%  どちらかというと女性向け

結局どれが良い・・・? 悩むなら色々と試してみよう!

何はともあれ、どんな商品を選んだにしろ、サリチル酸を含有した商品は所詮は「サリチル酸」です。濃度がどうとか、グリコール酸がどうとか、色々な情報が溢(あふ)れており、悩まれるかもしれませんが、やっぱり所詮は全て「サリチル酸」です。ぶっちゃけると、サリチル酸含有の商品であれば基本的にはどれも一緒です。

★色々試して頂き、ご自分に合った商品を使ってみて下さいね!★

実際の使い方(シンプルに行きましょう!)

使い方はシンプルです。洗顔後にサリチル酸含有の商品を顔につけて下さい。現在進行形のニキビや顔そり、ひげそりなどの後は、少ししみるかもしれません。つけ終わったら、次は必ず「保湿」をして下さい。保湿の必要性は前述しましたね。本当に「保湿」の徹底は、サリチル酸を使用する上では必須です。絶対に行うようにして下さいね。(余計にニキビがひどくなるかもしれません・・・)

①サリチル酸をつける → ②保湿する
 1日2回 朝と夜(お風呂上がり)

★これだけです★

難治性ニキビに対して・・・

ここまで読んできたら、「サリチル酸を使えば、自分のニキビもすぐに改善するかもしれない!」と思われた方もいるでしょう。しかし、もともとボコボコとニキビが高頻度にできるような方、色々な治療を試しても一向に改善が認められない方など、難治性ニキビの方にはサリチル酸だけでは不十分な場合があります。もちろん症状を軽快させる程度の効果は期待できるかもしれませんが、サリチル酸も所詮は「化粧品」です。サリチル酸の優れた作用でも治療効果が得られなかったのであれば、潔(いさぎよ)く「医薬品」の力を借りましょう。難治性ニキビに対しては「イソトレチノイン」という薬剤が絶大な治療効果を誇ります。是非、下記の記事を参考にしてみて下さい。イソトレチノイン治療の終了後に持続的・予防的にサリチル酸を使用していくのが、最も効率が良い治療法ではないかと個人的には考えています。

まとめ

・サリチル酸はニキビに対しての優れた作用を示す。
・皮膚科クリニックのケミカルピーリングもサリチル酸だが、高額・・・
・副作用として「乾燥」には要注意!保湿を徹底することで予防できる!
・市販で購入できるが、値段がピンキリ・・・
・結局、サリチル酸としてはどの商品も同じ(できれば安いのがGOOD)・・・
・難治性のニキビには通用しない場合がある・・・

コメント

  1. […] サリチル酸を用いた維持的なニキビ治療ニキビ治療におけるサリチル酸を用いた方法について、解説します。urib8798.com2020.12.21 […]

  2. […] 軽度のニキビ治療 【サリチル酸治療】   について詳細を見る   […]

タイトルとURLをコピーしました