薬剤師の認定・専門資格の必要性と転職について(転職を考えていても、転職を考えていなくても…)

A★外来がん治療認定&専門薬剤師★

近年、薬剤師の専門性の必要性が高まり、薬剤師の認定・専門資格も普及・拡大してきている現状があります。地域連携充実加算特定薬剤管理指導加算2機能別薬局認定制度(専門医療機関連携薬局)等々、医療制度の中でも薬剤師の認定・専門資格の必要性が叫ばれています。本ページでは、薬剤師の認定・専門資格の必要性について解説していきます。

認定・専門資格を取って何の意味があるの?

薬剤師の認定・専門資格が重要であり、必要性が求められている!と言われても・・
多くの薬剤師の職場では、認定・専門資格を取ったとしても・・・

✖ 給料が増えることは少ない・・・
✖ 取得するために、お金(学会、研修、交通費・・・)と時間、労力がかかる・・・
✖ 正直・・・認定・専門資格がなくても仕事はやっていける・・・

等の意見を多く聞くの現状です・・・確かにこれが現実にある課題です・・・

しかし、薬剤師の認定・専門資格を取得することで得られるものも多くあります。

〇 認定・専門資格を取得する過程で知識と経験が今まで以上に身につく!!
〇 勉強会等の演者依頼、記事の執筆依頼が来るようになる!!(¥あり?)
〇 その資格を通して、様々な新たな出会いがあり、さらに人脈と知識が深まる!!

等々、認定・専門資格を取得することにより、周囲よりその資格の領域においては頼られる存在となることは間違いないでしょう。そして、人生において、自己肯定感幸福感の向上達成感や好奇心を満たせるなど、金銭や数値なのでは決して測れない重要なファクターとして素晴らしいものを得ることができることも事実なのです。

今後、薬剤師の認定・専門資格は必要?

ここまでで、薬剤師の認定・専門資格の必要性をご理解頂けましたでしょうか??

近い未来ですが、今後は薬剤師の認定・専門資格が施設基準の項目に入ってくる可能性、診療報酬に関与してくる可能性があります。また、何も認定・専門を取得できていない薬剤師・薬局は、今後に診療報酬の観点からも淘汰されていくことが想定されるため、向上の意欲・意識を持ち続けていくことが重要と考えられます。「ただの普通の薬剤師で終わってほしくないという私の気持ちをご理解頂ければ幸いです。

転職という手段も忘れてはいけない

本ページをご覧頂いて、「なんとなく・・・」薬剤師の認定・専門資格の必要性を知って頂ければ幸いです。そして、最後にお伝えしたいのが、この「認定・専門資格を保有している薬剤師を多くの施設(職場)が欲している」ということです。現状、認定・専門資格を取得している!もしくは取得を目指している!という転職を考えておられる薬剤師の先生、転職を考えていない薬剤師の先生も、ぜひどのような求人があるのか、一度目を通しておくことは、「人生においても損ではない」考えます。

\ファルマスタッフ/

実際に医療業界コンサルティング業者として、求人数(病院・薬局・企業等を含む)がトップクラスの「ファルマスタッフ」を当ページではご紹介させて頂きます。ご興味のあられる先生方は、以下のボタンをクリック頂き、サイト登録頂ければ、「求人情報の閲覧」、「無料カウンセリング」等を受けられますので、ぜひご覧・ご登録になって見て下さい。

転職希望の先生へ:ファルマスタッフでは、ご希望があれば、面接の際、転職エージェントに同伴してもらうことも可能ですので、他社に比べて安心感があるのも特徴です。